これまでの活動・これからの活動

日時 内容 その他

2012年

11月3日(木)~ 6日(日)の4日間

飯舘村支援事業『飯舘の空は世界につながっている』

喜多方と福島市で「までい」の地域づくりを考える講演会、シンポジウム、映画上映の他にアーティストのコンサート、復興支援ワークショップが行われます。

 
2011年11月20日(日) 東京で特別セミナー『福島県飯舘村 菅野村長の話を聞く会』を開催します。菅野村長の話を聞き、支援の方法を考えていきます。

日時: 11月20日(日)午後1時~3時 場所: 日本財団ビル 2階 (港区赤坂1-2-2) 会費: 1000円 主催: (株)佐川旭建築研究所 認定NPO法人 アジア教育友好協会

 
10月1日 飯舘村の皆さんのコミュニケーションの一助となるようにと『までいだより』創刊号を発行しました。
8月8~9日 福島市の本部にて『までいの会』の会合が開催され、までいの位置付け、今後の活動について話合いが行われました。
8月8日 「いいたてまでいな復興プラン」庁内検討委員会の初会合にオブザーバーとして参加しました。  
7月 飯舘中と細田中は、それぞれラオスの学校と交流があり、それをきっかけに短歌・俳句の交流が始まりました。 口蹄疫に続いて鶏インフルエンザ、新燃岳の噴火と、災害に見舞われてきた宮崎県の細田中学校の生徒さんたちにとって、放射能で苦しむ飯舘村の友だちのことは人ごとでなく、短歌・俳句を送りました。飯舘中の生徒さんたちからの返歌も力強く、お互いに勇気づけられる交流となっています。

「目に見えぬ 放射能と生きていく 飯舘村で 笑える日まで」 (飯舘中生徒)

「飯舘の 未来のために 細田から 思いを贈る 心はひとつ」 (細田中生徒)

詳しい内容は下記のブログで紹介されています。

7月6日 『飯舘までいの会』が発足しました。
ページTOPへ