子どものためのプロジェクト

次世代を担う子どもたちのための教育環境の維持と発展を支援します。
飯舘村で経験したこと、そして避難のつらい、大変な経験も今後活かしていってもらいたい、ここから新しい生き方価値観を考えてもらいたいという思いもあります。

  1. 2012年5月5日の「飯舘村・きずな祭」の推進・実行
    子供を運動会にする・・・全国、アジアから応援メッセージの入った復興鯉のぼりをシンボルにし、子供運動会を開催する。
  2. ラオス国ドンニャイ中学校の開校式への準備
  3. 現在、避難中の幼稚園児童の野菜食などの補助・支援

村の青年部のとのプロジェクト

村の再生のための団結を支援します。
行政とは違ったアプローチ手段の立ち上げや、今後の村のビジョン作りをを村人とともに考えます。

  1. 村民「駆込み寺」の立ち上げと運営・・・無料相談所(相談員をボランティア)、ネットででも相談できるように。
  2. 聞き書きを意識した、被災の歴史と村人立ち上がりの経緯記録
  3. 共同農場での農業活動斡旋・・・体力維持推進

熟年世代のためのプロジェクト

故郷を愛する心、生きがいの確保のお手伝いをします。

  1. 携帯電話を熟年世代は全員が持ち、村人間のコミュニケーションの支援
  2. 井戸端会議の運営ー月1回レストランを開店。あるいは、移動レストランを仕立て、村人の交流の場を作る。
  3. 3~5家族を募集して県内に小作地農業モデルを立ち上げる。避難生活から待機生活へ一歩踏み出す。

今後のビジョン・その他の活動

将来は、飯舘村ビジョンの提案を目指します。

  1. 菜種の試験栽培・・・バイオ燃料の抽出と販売
  2. 汚染度の調査事業の継続監視・・・汚染が軽微な地域での生活開始 支援事業の推進
ページTOPへ