飯館中学2学年の「民話紙芝居」が始まりました。

飯館村の語り部である菅野テツ子さんから飯館村の昔話「おちよ蛇類明神」「火車猫」を聞かせていただき、絵本作家の飯野和好さんの指導で大型の紙芝居を製作します。絵の完成後は演技を含めた「語り」の練習をし、文化祭や仮設住宅の訪問など飯館地域の方々の前で披露します。また今年は紙芝居の絵本化やカレンダー、学生の送迎バスのラッピングに使用できないか、と色々な計画が出ています。

2015.05.25

コメント

コメントはまだありません。

  • この記事にコメントする
     
    Your gravatar
    名前