飯舘中学校の仮設訪問

最近、までいの会の活動を知ってくださった方が事務所を訪ねてくださったり、

取材してくださったり、とにかくいろんな方とお会いする機会が増えてまいりました。

みなさん、までいの会のHPを見てくださってから来てくださるのですが、

そのたびによぎるのですよ。ブログのことが。

 

ブログのことはいつも想っているよ!!

 

ということで今回は、今月は二度行われた飯舘中学校の福島市松川の仮設訪問について!

飯舘中学校といえば、8月に間借りしていた川俣高校からお引越ししまして、

飯野町に作られた仮設の校舎に移りました。

仮設とはいえ、今までと違って自分たちの校舎ですから。

生徒さんたちも先生方も、だいぶ気持ちも違うと思うのですよ。

(実際、子どもたちの顔が変わった、と先生方もおっしゃっていました。)

そしてそして、引越しは夏休みに行われたわけですが、

なんとこの引越しに、岐阜の中学校から先生、保護者、生徒さんが手伝いに来てくれたそうです!

岐阜の中学校から何か支援できないかと声をかけていただいたことから始まったそうですが、

義援金を集めてパソコンを寄贈してくださったり、

飯舘中からは御礼もかねて、校長先生と代表の生徒さんが岐阜を訪問したり。

そんな交流があって、今回は岐阜からみなさんが引越しの手伝いをしに福島へ!

なかなかできないことですよね。。

今後も交流は続けていきたいとのこと。

こうやって県外からの生の応援の声があるというのは、生徒さんにとっても、とても心強いことだと思います。

ところで、新しい飯舘中の仮設校舎気になりますでしょう。

工場跡だった所なのですが、壁も明るく塗り替えられました。

中の壁には、飯舘村の風景写真が並んでいます。

全体的に木のぬくもりを感じる校舎です。

他にも、全国からいただいた応援メッセージで壁がいっぱいでした。

その中にありましたよ、岐阜の中学校からのメッセージ。

交流の様子も写真で掲示されていました。

これからの両校の交流が楽しみですね~

さて、飯舘中学校の交流は同世代同士だけではないのですよ。

以前もご紹介したと思うのですが、

飯舘中学校では、学年ごとに福島市松川にある仮設住宅を訪問しています。

9月は12日に1年生、きのう(20日)は3年生が訪問しました。

わたしも参加させていただきましたよ!

こちら、きのうの様子。

活動は朝から始まります。

各班ごとに、家をまわっていきます。

そして住人の方にお願いされた箇所を掃除していきます。

窓や壁を拭いたり、この夏お世話になった扇風機をばらしてきれいにしたり・・・

みんな黙々と、丁寧に取り組んでいました。

掃除が終わると、住人の方から「おつかれさま」とお茶を出していただいて、おしゃべりしたり。

で、また次の家に行って清掃して・・・

その繰り返しで、最後は仮設の敷地内のごみ拾いをして午前中は終了!

みんなの姿、本当にすばらしかったです!

午後は生徒さんによる、ミニコンサート!仮設のみなさんが集まってくださいました。

飯舘の風景が歌詞に入っている、飯舘中の校歌を合唱。

リコーダーによる演奏も。

途中、聴きながら涙する方もいました。

ミニコンサートのあとは、ワークショップ「ハートマークビューイング」の時間です。

以前、訪問したとき布を渡していたので、仮設のみんさん、たくさん作ってきてくれていました。

今回もまた布を持ってきたので、生徒さんも仮設のみなさんも、

また新たにいっしょに作ることにしました。

そういえば、こんな一場面が。

着なくなった服やいらない布を材料にしているこのワークショップ。

とはいえ、「布を無駄にしてはいけない!」とのことで、

住民の方が型紙を作って、きっちり布を切ってくださいました。

こ、これは・・・「までい」につながる心ですよね!!

今回もたくさんのハートマークの布が集まりました。ありがとうございました!

そして最後に、生徒さんからお世話になった住民のみなさんへ

メッセージカードのプレゼント。

おぉ~。これは嬉しいですねぇ。

みんな一生懸命書いたんだろうなぁ。

こうして、無事訪問が終了したのでした!

さすが、三年生。二回目なのもあってすばらしかったです。おつかれさま~

あ、もちろん前回もすばらしかったですよ!

そしてそして、12日の1年生はどうだったかと言いますと、

こちらも、すばらしい訪問でした!

1年生にとっては初めての訪問のうえ、住民のみなさんから聞き取りをする、というミッションがありました。

ちゃんとお話できるかしらと心配していたのですが、みんな1年生らしい素直さで楽しくお話していました。

一緒に何かしながらお話をする、というのも大事ですねぇ。

1年生も、午前中清掃と炊き出しをして、午後はワークショップ。

どれも住民のみなさんに楽しんでいただけたようです!

その証拠に、

最後はみなさん、泣きながらお見送りしてくださいました。

そしてそれを見守る先生もわたしも、もらい泣き。

生徒さんたちの訪問が楽しいぶん、別れが寂しいのだそう。

でも、子どもの声を聞いただけでとても元気になれた、と言っていただき、

子どもってほんとうに宝だなぁと実感しました。

仮設のみなさんの今楽しみにしているのは、中学校の文化祭に行くこと。

みんなでつくったハートマークビューイングもそれに合わせて完成させたいなと思っています。

ただ、中学校は今体育館がなく、作っているところなので、文化祭の日程はまだ決まっていません。

早くできるといいのですが・・・

勉強も大事ですが、人との交流も何より大事なこと。

それを一番に考えて取り組んでいる飯舘中、ほんとうに素敵だなぁと思います。

どうしたら人の役に立てるのか、人に喜んでもらえるのか、生徒さんたちの取り組みを見ていると

それをちゃんと自分たちで考えているということがよく伝わってきます。

毎回、わたしもとても勉強させられているのです。

 

 

2012.09.21

コメント

コメントはまだありません。

  • この記事にコメントする
     
    Your gravatar
    名前