飯舘中学「ふるさと学習」3学年による飯館の味噌づくり

フードアーティストの中山晴奈さんから味噌についての講義を受け、仮設住宅の皆さんの協力の下、味噌づくりを行いました。また日本各地の代表的な味噌数種類、前年度3学年作の味噌で味噌汁を試食、風味の違いや特徴を体験しました。中山さんの講義で興味深かったのが「味噌おむすび(焼かない)は福島だけで他の地方にはない」という話。「ささぎ」が福島県出身者にしか通用せず「それはインゲンだよ」と言われたのを思い出しました。自分達が当たり前に使っている言葉や物が、他の地方では違う言葉になっているのをまとめてみるのも面白いかもしれません。豚汁(とんじる、ぶたじる)、絆創膏(カットバン、バンドエイト、リバテープ、サビオ)、今川焼き(回転焼き、大判焼き、二重焼き)など。

2015.05.19

コメント

コメントはまだありません。

  • この記事にコメントする
     
    Your gravatar
    名前