飯舘中の生徒さんたちの仮設訪問!

今日、飯舘中の3年生が福島市松川にある仮設を訪問しました。

飯舘村の仮設住宅はいろんなところにありますが、

松川の仮設は一番お年寄りが多い仮設住宅なのです。

昨日は2年生が訪問。わたしは残念ながら、昨日は伺えず・・・

今日はみなさまのお邪魔にならぬよう、こっそりと伺ったのですが。

さっそく豚汁をいただいてしまった・・・

おにぎりや漬物まで・・・

お、美味しい!!

豚汁は、生徒さんたちが準備をしてこちらで午前中作ってくれたものです。

午前中はグループに分かれて、炊き出し班、仮設周辺の清掃班など、生徒さんたち大活躍だったもよう。

午前中の様子は、われらが菅原さんがばっちり取材しておりました。

今回の訪問では、生徒さんたちと、仮設のみなさんとの会話のきっかけになればいいな、と思い
ワークショップの提案をさせていただきました~
震災後各地で行われている、日比野克彦さんのワークショップ「ハートマークビューイング」。
布のはぎれなどでハートマークを作り、パッチワークのようにつなげて、一枚の布にします。

ワークショップの説明も生徒さんたちから・・ということで。
布もみなさんに配りましたよ。
みなさん、興味を持ってくれたよう・・・

さっそく布を広げて、あーでもないこーでもない、と各々構成してくれていました!!

完成が楽しみ!!

午後は、グループごとに分かれて各家庭を訪問し、お年寄りから、話の聞き取りをしました。

生徒さんたち、前もって質問を考えてきたようです。

「今必要なものはなんですか?」「私たち中学生に期待することはなんですか?」などなど。

いつもであれば、がしがしとわたしもでしゃばりますが、

今回はあくまで、生徒さんたちの仮設訪問。この空気を壊すわけにはいきません。

今日のわたしのテーマは「空気」です。

お邪魔にならぬよう、空気だと思って・・・

まあ、しょっぱなから豚汁いただいてしまいましたが。生徒さんにも思いっきり声かけてましたが。

ここからは!わたしは空気ですよー!

あくまで、生徒さんたちを見守るために来たのです。

どのくらいの見守り感だったといいますと・・・

このくらい。

OH・・・聞こえないよ。

最初はぎこちない感じでしたが、最終的には、みんなちゃんとお話聞けていたみたいです。

どの住民の方も生徒さんたちとの話が終わると、

最後には生徒さんたちへ「がんばってね。」と声をかけていらっしゃいました。

この一言にはいろんな思いがつまっているのだろうな、と思いながら聞いていました。

やはり子どもは希望ですね。

何より、みなさん楽しそうでよかった!!子どもたちの声聞くだけで元気になるって言ってましたから~

暑さが心配でしたが、生徒さんたちもテキパキと働いていましたよ。すばらしい。

飯舘中のみんなおつかれさまでした!そして先生方も!松川のみなさんもありがとうございました!

とても素敵な2日間だったと思います!

今後も交流は続けていくそう。ハートマークビューイングもこれからです。

2012.07.11

コメント

コメントはまだありません。

  • この記事にコメントする
     
    Your gravatar
    名前