リキュール「桃の涙」発表・祝賀会

今日は少し番外編です。

本日3月3日桃の節句に、「桃の涙」という新しいリキュールが発売されました!

福島の桃の果汁と福島の地酒をブレンドした、新しいお酒です。

その発表をかねた祝賀会に参加させていただきました!

福島は桃の産地で、毎年夏頃には福島の桃が全国に出荷されていました。

しかし、2011年、果樹農家のみなさんが手塩にかけてつくった桃は、人々に届きませんでした。

そんな中果樹農家に送られた、一通の手紙。

「観光客が減り、果物もなかなか売れないと聞きました。私は何もできない悔しさに涙しています。」

果樹農家は

「私たち農家のために涙を流してくれてありがとう。」

と返事を書きました。

こうして、新たな一歩を踏み出す勇気が生まれ、今回「桃の涙」が作られたのでした。

ではなぜ、私がこの祝賀会に参加しているのかといいますと、までいの会のメンバーがこのお酒づくりに関わっているからなのです。

お酒の製造、「桃の涙」のデザイン、などなど。

もちろん、メンバーだけでなく、までいの会に協力してくださっている方々もこのお酒づくりに関わっています。

冒頭で番外編と言ったのはそういう意味です。

とにかく本当に、たくさんの人の想いが集まって作られたお酒です。

そして!大事な大事な、味ですが!

美味しいです!!!

私がいたテーブルは女子が多かったのですが、無くなるのが早かったです!!笑

桃の味が濃いので、日本酒をあまり飲まない人でも、飲みやすいと思います。私は逆にあまり甘いお酒を飲まないのですが、

これはすっきりとした、桃(果物)の甘さなので、これまた飲みやすい!

パッケージもかわいいので、プレゼントにもいいかもしれません。お花見にもいいですね!

とりあえず、今日から発売なので、今後店頭でも見かけるかもしれません。

その際は、どうかやさしい気持ちで「桃の涙」を手に取ってみてください。

以上、までいの会番外編でした。

明日は福島市内の吉倉でワークショップです。

2012.03.03

コメント

コメントはまだありません。

  • この記事にコメントする
     
    Your gravatar
    名前