Archive for 1月, 2016

いいたてミュージアム巡回展静岡 勉強会開催します。
1月26日(本日です!)から2月14日まで開催のいいたてミュージアム巡回展静岡。
会期中最初の週末となる1月30日にいいたてミュージアム巡回展勉強会を開催します。
飯舘村文化財保護審議会委員の佐藤俊雄さんを静岡市にお招きし、
飯舘村の歴史、原発事故後のことなどお話しいただきます。

いいたてミュージアム巡回展との連動企画を会場でしてくださっている
静岡県在住の作家・乾久子さんには、飯館のことをどう受け止め、静岡で飯館をどのように伝えていこうと思っているのかをお聞きします。

モデレーターは、いいたてミュージアムの生みの親、多摩美術大学教授の港千尋さんです。
いいたてミュージアムについての港さんのお話もお聞きしつつ、静岡だからこそ語り合える福島をみなさんと共有したいと思います。
ぜひお出かけください
1月30日(土)15:00~17:00
金座ボタニカ (静岡市研屋町25)
出演:佐藤俊雄(飯舘村文化財保護審議会委員)
乾久子(アーティスト)
モデレーター:港千尋(写真家・著述家)
申込不要・参加費無料

2016年1月26日(火)~2月14日(日)観覧時間13時~19時

いいたてミュージアムとは、東京電力福島第一原子力発電所事故により全村避難となった飯舘村のこと、飯舘村に起こったことを福島県内外に広く発信し、未来の世代へも伝えていこうというプロジェクトです。
村民のみなさんのお宅へお伺いし、みなさんにとっての「古いモノ」「大事なモノ」「歴史的なモノ」を見せていただき、それにまつわるお話を集めてきました。「モノ」にまつわるお話から見えてきたのは震災・原発事故前の豊かな村の姿でした。
昨年、初めての県外巡回展を行った東京・神戸・京都に引き続き、今年度は静岡県で巡回展を開催します。ご覧いただくみなさまに「モノ」が語る力から、村の姿をお伝えできればと思います。