Archive for 3月, 2015

わたしたちまでいの会の事務局のお隣のデスクは、「ふるさと学級いいたて」の事務局さんです。
「ふるさと学級いいたて」では、飯舘村の方言や歴史、食文化を勉強したり、手仕事を体験したりしてきました。27日からは、その卒業展示があります。
みなさまぜひお越しください。
::::::::::::::::::::::::::::::::
★生徒も先生もみな村民「ふるさと学級いいたて」卒業展のご案内
飯舘村の手仕事や歴史・方言、食文化など、これまでに開催した授業風景のパネル、生徒や先生の作品、飯舘村の古〜い地図などの展示を行います。
その他、毎日開催される特別授業や、29日にはできたて「かぼちゃまんじゅうのふるまい」、大人気「までいカレンダー」の無料配布などもあります。
こたつとお茶も準備しているので、どなた様も休憩がてら気軽に見にきてくださいね!(授業は予約制なので申し込みはお早めに)
また、当日はみなさんにメッセージを書いていただき、それをボードに貼って満開の桜の木をつくります。そちらにもぜひご協力ください!
◆開催日:3月27日(金)〜29日(日) 10:00〜16:30
◆場所:かーちゃんふるさと農園わいわい
   (福島市栄町10-3キッチンガーデンビル1F)
◆授業(参加費無料 ※定員10名 先着順)
 27日 ブローチorショールづくり※要予約
 28日 飯舘方言カフェ
   ※参加者にはまでいカレンダープレゼント
 29日  かぼちゃまんじゅうづくり ※要予約
◆ご来場の皆様への卒業記念(29日のみ)
 10:00〜までいカレンダー配布 先着25名
 12:30〜できたてかぼちゃまんじゅう振る舞い 先着40名
【申し込み・お問い合わせ】
お名前、電話番号、参加したい授業と人数を
申し込み時に記載またはお伝えください。
・Tel:024-572-3615/090-5110-4356(新田)
・Fax:024-573-2414
★「ふるさと学級いいたて」とは
福島県から「福島県地域コミュニティ復興支援事業」の採択を受け、福島大学が飯舘村役場や村を支援する団体と協力してはじめた事業です。
福島市内の「ふくしまキッチンガーデン」2階の「ふるさと学級いいたて教室」や、各地の仮設住宅集会所、コミュニティセンターを会場に村の高齢者の皆さんにとって親しみやすいテーマを選んで、定期的に「授業」を開いています。
授業は先生も生徒もみな村民。村民のみなさんがつくる村民のみなさんのための学校、それが「ふるさと学級いいたて」です。

いいたてミュージアムでは、取材時に写真、音声、映像で記録をさせていただいてきました。現在、これまで撮りためた映像を映像作家さんに編集していただいています。こちらの映像も5月のいいたてミュージアム展覧会の会場で流せたらいいなと思っています。音声も少しずつですが文字おこししています。ひとりひとりのお話、いつも全てはご紹介しきれていないので、いつかこちらも何か形にしてみなさんにお伝えしたいです。

情報が前後してしまいましたが。

3月13日。飯舘中学校の卒業式に参加してきました。26年度卒業生は37名。彼らは川俣高校の間借りした校舎に入学し、この飯野町の仮設校舎で中学校生活を終えることになりました。
不安なこと、不便なこと、もちろん多かった3年間だったと思いますが、特に三年生になった今年、彼らを見て感じていたのは、そういった環境を受け止めて、乗り越えて、さらに成長したたくましさでした。そういう環境を乗り越えたからこそ、自分よりも他人のことを考えて、他人のために行動ができる、強くて優しい子達です。

答辞もすばらしかった。

ひとりひとりのこれからが本当に楽しみ。ご卒業おめでとうございます。また会いましょう。

今日のいいたてミュージアムの取材は佐野ハツノさん。いいたてカーネーションに欠かせない方ですが、今日聞いたお話は、佐野さんをはじめ、村の女性たちを変えた「若妻の翼」について。
最初は、参加したいと思いつつも、家族になかなか打ち明けられなかったそうです。若妻の翼へ参加するよう背中を押してくれたのは舅さんでした。旦那さんももちろん賛成してくれました。
どんないい取り組みも参加する人たちに気持ちがなければ、ただの旅行になってしまいます。お話を聞いて感じたことは、まずこの企画に参加した村のお嫁さんたちの好奇心と向上心がものすごく高かったのだろうなということ。
この「若妻の翼」をきっかけに、村の女性たちはどんどん変わっていきます。ヨーロッパに行って見たこと、聞いたこと、すべてを村に帰って生かそうとしました。きっと、わくわくして、目の前も輝いていたんだろうと思います。改めて家族への感謝の気持ちと、家族の一員としてもっと尽くしたいという気持ちも生まれました。
佐野さんにとって、若妻の翼は財産。切磋琢磨できる仲間もできました。
若妻の翼の全てが、今の佐野さんにつながっています。
写真は今日いただいたモノ。佐野さんのお父さんがお母さんに買ってあげた着物を半纏にしたもの。