Archive for 4月, 2012

本日は満開の桜からお送りしますよ。

どこの桜かといいますと、飯野町にある飯舘中学校の仮設校舎の建設予定地です。

現在、飯舘中学校は川俣町の川俣高校に間借りしている状態です。

すでに工事は始まっていて、8月が完成予定となっています。子供たちがここで勉強できるのは、2学期から。

「間借りでない」というのは子供たちにとって大事なことですよね。

さて実は、建設予定地と言っても一から作っているわけではありません。

川口電気という会社の工場跡を改装しています。

とても素敵な建物なのですが、工場跡ということで、学校としては少し殺風景になってしまうのではないかと、

校長先生が心配されていました。

そこでまでいの会として、何か子供たちのためになることを何かお手伝いできれば!と思い、

今回、下見をさせていただくことになったのです。

それでは一部ですが、どんな所なのかご紹介・・・本当に素敵な建物なのです。古いもの萌の方必見。

すでに学校っぽいですが、工場跡です。昭和30年代に作られたそうです。

すでに入り口にこんな銅像がありますが、工場跡です。

正面には、校庭予定地。おもいっきり体育や部活をする子供たちの姿が目に浮かびます。

中はこんな感じです。広くて、仕切りがなく、窓が大きいので明るい!しかも塗装が所々かわいい・・・

これだけでも素敵な学校になるのが想像できますね。

お話を伺ったところ、教室のほかにも、多目的ホールや交流スペースも作る予定だそう。

そういった教室を使って、子供たちはもちろん、地域の方とも何か楽しいことができたらいいですね!

ということで、までいの会の今年度のプロジェクト、動き始めております!

お忙しいなかお時間作ってくださった、教育長、校長先生をはじめ、関係者の皆様、ありがとうございました。

下見も打ち合わせも、充実したものになりました!

そしてそして、今日から飯舘中学校の生徒さんは修学旅行!

鎌倉だそうですよ。ナイスチョイスですね。うらやましい。

なんと旅行中は、生徒さんや先生方がタブレットを使って写真を撮ったり、記事を作成したりして、

それらを随時、HPにアップしていくそうです。

新幹線に乗るところから、すでに飯舘中学校のHPにアップされております。

見ているこちらもわくわくしてしまう・・・

ぜひご覧くださいませ。

今日はとても春らしく微笑ましい話題を。

先日、飯舘の草野、飯樋合同仮設幼稚園の開園式が行われました。

飯舘村にあった二つの幼稚園は、3月まで川俣町で間借りをしていたのですが、

この度晴れて、飯野町に合同仮設幼稚園として開園となりました!

幼稚園の滑り台はオーストラリア政府から、そして平屋園舎は小松製作所(本社・東京)から寄贈されたものだそうです。

日本だけでなく、世界の人も飯舘の子供たちのことを思ってくれているのだなあ、と

しみじみ思いますね。

そしてそして、開園式では子供たちにこんなプレゼントも・・・

マジシャンのケン・ダニエルさんです。

じつはダニエルさんは去年の暮れに、吉倉にいる飯舘村の子供たちのところにも来てくださったお方。

子供たちの歓声が聞こえてきそう・・・

こういった手品のように、純粋に大人も子供も楽しめるものって必要だな、と思います。

たまに純粋に楽しまない大人の方もいらっしゃいますが。笑

楽しそうですねぇ。

こうやって、子供たちには毎日楽しい時間を幼稚園で過ごしてもらいたいです。

福島市内もやっと桜が咲き始め、初心者マークの自動車が目立ち始めた今日この頃。

すっかり春を感じますね。

桜といえば、福島市内の名所は花見山なのですが、今年は桜の養生のため一部立ち入りが制限されているそうです。

が、シャトルバスは出ているので、全く見れないというわけではなさそうですね。

そしてそして、福島県が誇る桜といえば、外せないのが「三春の滝桜」です!

あろうことか私は先週、まだ蕾の滝桜を見に行きましたよ。

それではいったい何を見に行ったのか、との声が聞こえてきそうですね。

日本三大巨桜のひとつであり天然記念物にも指定されている樹齢1000年以上の枝垂桜の、

今まさに蕾を開こうとしているその姿こそ、生命感に溢れ美しいのではないかと・・・

思って見に行ったのならともかく。

やはり下調べは大事なもので、せめて雨ではなく、晴れの日に見に行くことを皆様にはお勧めしたいと思います。

そんな三春の滝桜も蕾が膨らんできたようです。

さて、すでに先週の金曜日のことです。

福島のまでいの会の事務所にお客様がいらっしゃいました。

国際難民支援会(REFUGEES INTERNATIONAL JAPAN)のジェインベスト会長と上智大学の岡田教授が、

飯舘村の現状を知るべく、東京から来てくださいました。

まずは早朝、福島駅で菅野村長を交え打ち合わせを行い、そのまま事務所へ。

事務所で負げねど飯舘!の佐藤さんとお話されたあと、お二人とまでいの会の面々はまず川俣へ向かいました。

川俣には川俣高校に間借りしている仮設の飯舘中学校があります。

遠藤校長先生と面談しました。飯舘中学校は仮設ではありますが、八月には新しい校舎が川俣に出来ます。

までいの会としてはこの子どもたちへの支援に力を入れていきたいと思っています。

校長先生もお話する中で、支援頂けることを前向きに受け止めて行きたいとおっしゃっていました。

その後一行は飯舘村役場へ行き、飯舘村の「帰還困難区域」である長泥地区へ。

そして福島市内へ戻り、吉倉にある飯舘避難住宅で新しい自治会管理人さんとお母さん達と面談しました。

下の写真は子供達を乗せてスクールバスが帰ってきたところです。

子供たちは放課後学校に残って遊ぶことなく、決まった時間にスクールバスに乗ってこの吉倉まで帰ってきます。

子供たちが一気にいなくなり、静まり返った学校は想像するだけでもなんだか異様なものですね。

なかなかのハードスケジュールでしたが、ジェインさんも岡田教授も、今の飯舘村の現状を

肌で感じていただけたのではないでしょうか。

もちろん、までいの会としても改めて、飯舘村と向き合うきっかけができたのではないかなと思います。

そろそろ飯舘中学校でのプロジェクトの準備も始まります!

忙しくなってきましたよ!!

東京はお花見シーズンらしいですね。

ですが、福島はまだ寒いのですよ。会津なんかそれはもう寒いのですよ。

昨日は、喜多方市の大和川酒造北方風土館ではじまった展示会「Distance/Continuity  隔たり/連なり」

のオープニングレセプションでした。

今回のこの展示は、震災後の風景をテーマにした画家マリ・ドゥルエさんと写真家港千尋さんによるコラボレーションです。

2011年12月から2012年1月にかけてフランスのナント市で開かれた展覧会Distance/Continuity展の日本巡回展となっています。

港さんが震災後に千葉から東北にかけての被災地を廻り、特に広野町、南相馬市、飯舘村などを含む福島県各地の風景を撮影し、

この写真を元に、ナント市在住のマリ・ドゥルエさんが日本の風景をヨーロッパの風景へとつなげる絵画作品を制作したのでした。

そうなのです。飯舘村の風景も、作品になっているのです!

しかも、作家のマリさんと港さんによるアーティストトークも行われるという、なんとも魅力的なレセプション・・・

行かないわけには行きません。

ということで、快晴の福島市からいざ、春の装いで喜多方へ向かいました。

が、土湯峠を越えてびっくり。

雪が!!!寒い!!!2℃!!!猪苗代は地吹雪、会津若松は吹雪・・・

まさか4月になってホッカイロの出番が来ようとは。

ホッカイロを背中に2枚。これ以上、どんな寒さが待ち受けているのかわかりません。恐る恐る、喜多方へむかいます。

しかし、さすが蔵の町喜多方!寒さの中にある蔵はなんとも素敵で、寒さも吹き飛びましたよ!

そしてその蔵の中のマリさんと港さんの作品。素敵でした!

レセプションはアーティストトークからはじまりました。

マリさんの絵と港さんの写真が一緒に展示されているのですが、

お二人の作品の空気がきれいに溶け合っていて、

まるですべての作品を合わせて、1つの作品になっているような、不思議な空間でした。

・・・この写真は・・・ごめんなさい。

悲劇です。本当にごめんなさい。

赤いスカートの女性がマリさんです。マリさんのチャーミングさは、この写真でも十分伝わりましょう!!

黒に真っ赤なミニスカート!これぞまさしく、パリジェンヌ!!

笑顔がとても素敵な方でした。

そしてお隣が港さんです。明るく、とても紳士的な方に思えました。今回、マリさんの通訳も務めてくださいました。

さて、場所をうつしてパーティーです。お酒はもちろん大和川酒造です。

お座敷で、円卓を囲んで、片手に日本酒。

みなさん、文句なしに楽しい時間を過ごせたのではないでしょうか!!

マリさんも日本酒おいしそうに飲んでましたよ!先月発売された「桃の涙」も好評でした。

港さんともお話させていただきました。今後、までいの会と連携して、一緒にプロジェクトやりますよ!

言っちゃいましたよ!!笑  とてもおもしろくなりそうです!!

これからも、福島で、こういった素敵な作品が展示されること、そして福島を作品を通して世界中に見てもらえること、

心から祈っています。

マリさん、港さん、本当にどうもありがとうございました。メルシー。

そんな展示会、「Distance/Continuity  隔たり/連なり」は4月22日まで福島県喜多方市にある

大和川酒蔵北方風土館で行われております。

皆さん、ぜひお越しくださいませ!!